軌跡

2016年度  会場:清里の森

2016写真2016写真2016写真

2016年8月12日(金)。
UPFもとうとう10年目の開催になりました。
10年の間にいろんな場所で開催し、いろんなミュージシャンに参加いただいて、たくさんの人に夏の星空を楽しんでもらって。 1度の荒天中止を含めての10年間、どの年も色濃く印象に残っています。

さてそんな10年目のUPF。昼間はこれでもかという青空だったのですが、陽が傾くにつれて雲がもくもくと広がって。 残念ながら厚い雲が空を覆い、ひとつの星をも観られないままのイベントとなってしまいました。 それでも演奏は楽しく、優しく、すてきな音楽が溢れ、たくさんの歌声が夜の清里に響きました。

【出演ミュージシャン】
☆渡辺 篤
初出演にしてトップバッター。
アコースティックギターでのインストを聴かせてくれた技巧派ギタリストさん。
野外で聴くのにぴったりな心地好いサウンドでUPFの幕を開けました。

☆福島照代
ふしぎな音色、クリスタルボウルの福島さんが今年もきれいな音を響かせてくれました。
みんなで願い事を祈った際、僕はひたすら「晴れてくれ、晴れてくれ…」と念を送っていたのですが…

☆ぼーの
歌の無い奏者がふた組続いた後には熱いロックナンバーを聴かせてくれるぼーのさんが登場。
Rock少年がそのまま大人になったようなその姿は相変わらずカッコ良いです。

☆ミチヲ
こちらもRock少女がそのまま大人になったようなミチヲさん。
独特の歌詞とメロディで紡ぐ世界観が夜の空気に融け込みます。

☆鈴木トシヒロ
いつものソロでの弾き語りの他、一曲サポートにトイピアノを加えての演奏。
トイピアノ、ずっとこのイベントで使ってみたかったのです。 可愛らしい金属音が夜空に響きました。

☆Rano Raraku
昨年初出演のRano Rarakuさんが今回の大トリ。
心に届く歌詞と夜空によく伸びるきれいな歌声でイベントの最後を飾ってくれました。



2015年度  会場:清里の森

2015写真2015写真2015写真

前年に開催予定も荒天中止となった清里の森にて改めて開催。

8回目のUPF開催に向け準備を進める中、平日ということもありなかなか出演者が揃わず内心ドキドキ。
でも当日までにはたくさんのミュージシャンが参加を表明してくださり、充実の顔ぶれに。

しかしお天気はつれなくて、陽が落ちる頃には曇り空。星の見えぬままのイベントスタート。
後半とうとう雨が降り出し、中断と再開の繰り返し。

演奏終了後も諦めきれず曇天とにらめっこしながらお酒を呑んでいたら、真夜中に雲も切れやっと天の川が!
ほんとうにきれいな星空が現れ、寝ていた人もみんな起き出し空を見上げま した。
程なくして再び雲が空を覆いお天気は下り坂でしたが、出演者もお客さんもみんなで協力して乗り切りました。

【出演ミュージシャン】
☆トラツグ
網代祐子と鈴木トシヒロのユニットで久々の出演。
演奏中に星も見え始め、このまま晴れるか!?と期待したのですが…

☆ものぐさsong book
三線弾き語りのものぐささんが3年ぶりの出演です。
演奏のみならずアツいRock講義(笑)を展開。音楽好きには面白いステージでした。

☆福島照代
クリスタルボウルの福島さん、今年はたくさんのボウルを持ってきてくれました。
音程の異なる数々のボウルが奏でる不思議な空間。みんな静かに聴き入りました。

☆ハッピー林
初登場のウクレレ弾き語り。静かなクリスタルボウルから一転、楽しいステージに。
みんながにこにこになれるエンターテインメント性と高い音楽性。UPFにまた新たな彩りがうまれました。

☆桜井真紀
こちらも初登場の女性弾き語り。
実は前年も出演予定だったのですが荒天の為中止になってしまい…一年越しに出演を果たしてくださいました 。

☆ミチヲ
ハニワニバイシクルのミチヲさんが今年も登場。
独特の世界観を持つ音楽、演奏が始まると途端に会場の空気が彼女の色に染められます。

☆ぼーの
お仕事帰りにぼーのさんが駆けつけてくれました。
まさかのアカペラ!・・・を堂々熱演!

☆鈴木トシヒロ
イベントも終盤、ソロで少し歌わせて頂きました。しかし途中でとうとう雨が降り出し、イベントは一時中断。
星空イベントの主催者が雨男って…


2014年度  悪天候のため中止となりました

2013年度  会場:八ヶ岳ふれあい公園

2013写真2013写真2013写真

2013年8月12日(月)
会場を新たな場所に移して7回目のUPF

会場となった八ヶ岳ふれあい公園は有名な星空観測スポットという事もあり、
現地にはたくさんの人が星を観に訪れておりました。

この日は曜日が悪く、実は開催時点で出演者が確定しておりませんでした。
みんなお仕事の都合で予定が見えない。
スタート時点では空欄さえあったスケジュールですが、
当日の飛び込み参加者や仕事終わりに駆けつけ1曲演奏してくれた方々のおかげで
今年もバリエーション豊かなイベントとなりました。

みんなに支えられているイベントなんだなぁ、と改めて実感。

空はイベント中盤まではよく晴れて天の川が頭上に流れましたが、
夜が更けるにつけ雲が多くなりなかなか星を観る事ができませんでした。
それでも演奏中は多くの星が流れ、たくさんの歓声が音楽と共に響きました。

【出演アーティスト】

☆モスリン
今年のトップバッターは鼻笛のモスリンさん。
日が暮れて空一面に散りばめられる星空の下、美しい鼻笛の音色が公園に響きました。

☆福島照代
不思議な音色、クリスタルボウルの福島さんが2回目の出演。
心が透き通り沁み込むような美しい音色に会場が癒されました。

☆KAWASAKI(from.TigerHead)
当日飛び込み参加にして初出場。
星にちなんだ楽曲に、たくさんの流れ星が引き寄せられました。

☆鈴木トシヒロ
いつもは女性Vo.を立てて出演するのですが、今年はひとりぼっちで出演。
いっぱいいっぱいの演奏でしたが、曲は伝わりましたでしょうか。

☆yone
千葉県から初登場!
カバー曲を中心に聴かせる音楽で会場を魅了してくれました。

☆ぼーの(ゲストA)
毎年出演頂いているぼーのさんがお仕事帰りに駆けつけてくれました。
カバー曲とおなじみのオリジナルを1曲ずつ演奏してくれました。

☆ミチヲ(ゲストB)
こちらも常連メンバーのミチヲさんがお仕事帰りに登場。
忙しいのに遠い所駆けつけてくれる出演者に心から感謝です♪

2012年度  会場:南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ

2012写真2012写真2012写真

2012年8月12日(日)6年目のUPFもベジタボールウィズでの開催。

天気予報の曇りマークに不安を覚えつつも現地入り。
雲はもくもくと湧き上がる様に空を泳いでいるけれど、そのはるか上には青い空も覗いている。
これなら雨は降らなさそう、とイベントスタート。

辺りが暗くなるにつれ徐々に晴れ間が広がり、いつしか満天の星空。
歌声に誘われる様にきらり、きらりと流れ星がみんなの頭上に降り注ぎました。
天の川の下、優しい音楽と美味しいお酒。会場は穏やかな笑顔に包まれました。

【出演アーティスト】

☆ものぐさSONG BOOK
おなじみ三線を使ったカバー曲でイベントスタート。
後半はすてきなオリジナルソングをギターで弾き語り。

☆ミチヲ
穏やかな音楽と歌声に誘われて流れ星がきらり♪
たくさんの星屑を呼び寄せてくれました。

☆ぼーの
みんなが知ってるあの曲や耳に残るオリジナルソングを熱唱。
ノリの良いパフォーマンスに会場は笑顔の合唱となりました。

☆モスリン
夜空に響く鼻笛とすてきな歌声。モスリンさんが再登場です。
心に響く音楽が夜の闇に溶けて行きます。

☆ヒラヲユミ
ほろ酔いで気持ち良さそうに歌う姿に会場もほのぼの。
緩めのトークと魅力的な楽曲が絶妙です。

☆トラツグ
最後は3年ぶりに復活の網代祐子と鈴木トシヒロのユニットで。
しかし最後の最後ですっかり曇ってしまいました(泣)

2011年度  会場:南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ

2011写真2011写真2011写真

2011年8月12日(金)。UPFもとうとう5周年を迎える事が出来ましたinベジタボールウィズ!

毎度参加して下さるミュージシャンの方々、敷地を使わせて頂いている施設のご理解、そしてはるばるイベントを楽しみに来て下さるオーディエンスの皆様のおかげです。

夏の八ヶ岳は風もなく快晴。こんな穏やかな気候は久しぶり…だったのですが、日が沈むと空にはぽっかりとまんまるお月様。月の灯りが強すぎてなかなか流れ星を観る事ができません。

でもだからこそ時折見える僅かの流れ星は強く光を放つものが多く、空に煌めきが降るたびに大きな歓声が溢れました。

夜を優しく包む月明かりに照らされての演奏はなんだかとても幻想的で、白い光と柔らかい音が夜に融け込んでいくかの様でした。

【出演アーティスト】

☆ぼーの
5回目のUPFは熱いロックナンバーでスタート!
おなじみの楽曲が夕暮れの丘に響き渡りました。

☆鈴木トシヒロ
本当はヴォーカルを立てての演奏のはずが事情により急遽独りで弾き語るハメに。
始終冷や汗でいっぱいいっぱいの演奏でした。

☆福島照代
水晶で作られた『クリスタルボウル』という不思議な楽器の登場。
幻想的で優しい音色に会場が包まれました。

☆ヒラヲユミ
水に波紋が伝わる様に音楽と言葉が夜の闇に融けて行く。
息を呑む様な音色に空の月さえ聴き入る様でした。

☆ものぐさSONG BOOK
もはやUPFの顔とも言える三線による弾き語りで5年連続出場!
定番のカバー曲とすてきなオリジナルソングを今年も聴かせてくれました。

☆ミチヲ
大トリを務めるは2回目の出場のミチヲさん。
物語を紡ぐ様なふしぎな歌でイベントの最後を彩ってくれました。

2010年度  会場:南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ

2010写真2010写真2010写真

2010年8月12日(木)。4回目のUPF。
前回に引き続きベジタボールウィズで開催する事ができました。
会場へ向かう車の中から見えるのは雲・・・。
そしてイベント直前に降り始めた雨・・・。

しかし次第に上がり、3番目の出演者の頃には屋外に移動する事が出来ました!
時間帯によっては天の川と流れ星の下で楽しむ事が出来ました。
出演者もバリエーションに富んだすてきなアーティストが揃って、今年のUPFも充実した一夜となりました。

【出演アーティスト】

☆うえっち
昨年出演のうえっちさんが今年はトリオで登場。
ギター・ウッドベース・ボンゴの織り成す素敵なサウンドが柔らかい歌声を彩りました。

☆ヒラヲユミ
空間の色をすべて染め込んでしまうような独特のサウンド、卓抜した歌とギターでその場にいる人の心を包み込みました。

☆ものぐさSONG BOOK
UPF皆勤賞!4度目の出演はもはやイベントの顔です。
三線を使ったカバー曲、という独特のスタイルはUPFにバリエーションをもたらしてくれます。

☆スターマイン
Vo.にpiguを迎えて鈴木トシヒロとのユニット。
全曲書き下ろし、力強くまっすぐな歌声が星の広場に響き渡りました。

☆ぼーの
音楽好きを唸らす名曲達のカバーを中心に。
もはや『ずるい』とさえ言える熱い選曲に盛り上がりました。

☆ミチヲ
サイケデリックロックバンド『ハニワニバイシクル』よりVo.ミチヲさんが初参加。
優しい歌とギターでバンドとはまた違った表情を見せてくれました。
☆モスリン
オーディエンス全員が目と耳を奪われた『鼻笛』という珍しい楽器での出演。
独特な笛の音と高度なギターサウンドで誰もが知っているあの曲を。

☆(スペシャルゲスト)Canny.Ann(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=Canny_Ann_2005
オーディエンスとして観にきてくれた昨年出演のCannyさんにお願いして飛び入り出演。
彼女の歌声に雲が晴れたくさんの星空が戻って来ました。

2009年度  会場:南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ

2009写真2009写真2009写真

2009年8月12日。3回目のUPF。
前回に引き続きベジタボールウィズで開催する事ができました。
前回は大雨となりましたが果たして...

夕方までは晴れ間と雲が半分半分のお天気でしたが、イベントが始まった頃には雲がすっかり空を覆いお星様が見えません。

いつしか周囲には霧が立ち込め、辺り一面真っ白な世界。
星空音楽会のはずが、霧の中の音楽会に。
これはこれで幻想的な雰囲気でもあり、千変万化の山の気候もまた楽しみのひとつでもあるのです。
霧に包まれた会場でも参加者は楽しく元気に音楽と戯れる事ができました。

近くはご近所さんから遠くは外国の方まで。
ちびっこからおっさんまで。
いろんな場所からいろんな世代の人達が集まって、このイベントに耳を傾けました。

演奏が終わって深夜を過ぎるといつしか霧も晴れ、空にはきらり、きらりと流れ星が瞬いたのでした。

【出演アーティスト】

☆ぼーの
今回初参加にしてトップバッターの演奏。薄暮の八ヶ岳に熱いメッセージがこだましました。

☆二宮アキラ(http://web.me.com/akiraninomiya/nino_web/Top.html
新作ミニ・アルバムを引っ提げて3回目の登場。
歌いやすいメロディによるコール&レスポンスの応酬、みんなで大合唱となりました。

☆トラツグ
網代祐子と鈴木トシヒロ、そして再びジャンベに内田智宏を加えた3人での出演。
この日の為に新曲も用意しました。

☆うえっち
栃木県から初参加。
以前のUPFオーディエンスからのご紹介ですてきなミュージシャンがやってきました。
イベントを通して人の輪が拡がっていきます。

☆Canny.Ann(http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=Canny_Ann_2005
こちらも初参加の女性アーティスト。切なく優しい女心が歌声となってみんなの心に響きました。

☆小室ひろ(ex.AQUA)
第1回目以来2回目の出演。
ハイレベルなテクニックで独特の世界観を紡ぐギターインストを披露。

☆ものぐさSONG BOOK
過去2回抽選によりトップバッターを務めましたが、今回は満を持しての大トリ!
沖縄三線による弾き語りに更に渋みが深まりました。

2008年度  会場:南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ

2008写真2008写真2008写真

2回目のUPFは長野県南佐久郡にある『南牧村農村文化情報交流館ベジタボールウィズ』という施設をお借りしての開催。

前年は屋内での開催だったのに対して、今回は屋外での開催が実現しました。
2008年8月13日。昼過ぎからの天気は曇りがち。
空模様を気にしながらでのイベントスタートも、空は雲に覆われお星様が見えません。

1人目の演奏が終わると共にとうとう雨が降り出し、イベントは一時中断。
雨は土砂降り止む気配もなく、施設の軒下にて演奏を再開しました。
イベントも後半になる頃には雨も止み、深夜過ぎには雲間から星空が眺め始めました。
きらりきらりと流れる流れ星。次第に空も晴れ、翌日はまるで嘘の様な青空。
心地の良い風が吹く八ヶ岳の施設には、夏休みを楽しむ家族連れがたくさん訪れていました。

【出演アーティスト】

☆石山正倫(http://www.ac.auone-net.jp/~oddradec/)
昨年に引き続きトップバッターとして演奏。よりクオリティを高めた沖縄三線奏の音色が八ヶ岳の夜に響く。

☆トラツグ
昨年出演のトラツグより本年は網代祐子と鈴木トシヒロのユニットで。

☆二宮悟a.k.a Rock
昨年より出演の二宮アキラの弟。日本各地のキャンプ場にて本格的にキャンプ活動を行う。本イベントではキャンプさながらの歌とステージングで、子供達のみならずその場の全員を楽しい笑顔で魅了。

☆ほまれ(http://yoidoretakute.hp.infoseek.co.jp//newpage1.html)
アコギデュオ『酔いどれ赤とんぼ』として都内で活動中。『人の心に響く歌』をテーマに飾らない言葉で演奏。

☆二宮アキラ(http://d.hatena.ne.jp/nino_kinji/
こちらも昨年に引き続きの出演。優しく温かみのある音楽とオーディエンスを巻き込んだ演奏でイベントの取りを勤める。

2007年度  会場:八ヶ岳自然文化園

2007写真2007写真2007写真

はじめてのUnplugged Perseus Fair開催。
記念すべき1回目、場所は長野県諏訪郡原村にある『八ヶ岳自然文化園』という施設で行われました。

施設では流星群の観測会が行われていたため、演奏は施設内の『ラウンジ』というガラス張りのスペースで行われました。

2007年8月12日。天気は快晴。
夕方現地に着いて施設内でセッティング、準備が整い屋外に出るといつの間にか陽は落ちて辺りは真っ暗。
ふと見上げると・・・夜空に砂糖をこぼした様なたくさんの星と、それを横切る天の川がくっきり。

1人のアーティストが演奏を終えると屋外へ出てしばし流れ星を観測しながら休憩し、次のアーティストの演奏が始まる。という流れでイベントは進行。
演奏会場である『ラウンジ』からも流れ星が観え、演奏中のアーティストの背後に時折流れる一瞬の煌めきはとても幻想的でした。

【出演アーティスト】

☆石山正倫(http://www.ac.auone-net.jp/~oddradec/
普段はベーシストとして活動するアーティストながら、本イベントではオールドな歌謡曲、ロック、ジャズなどの沖縄三線での演奏に挑戦。

☆トラツグ
かつて都内で活動したギターレスバンド『鵺鳥(とらつぐみ)』から網代祐子、鈴木トシヒロ、内田智宏が集まりアコースティックトリオとして演奏。

☆二宮アキラ(http://d.hatena.ne.jp/nino_kinji/
都内で積極的に活動するギターヴォーカリスト。優しく弾き語られる楽曲のクオリティの高さ、きれいな歌声とギターの音色はとても魅力的。

☆西濱のな
かつて都内で活動していたギターヴォーカリスト。今回はその心に響く歌声で全編荒井由美のカバーを披露。

☆AQUA(http://www7.wind.ne.jp/aqua/
エスニック・ギターインストというジャンルを奏でるアーティスト。ギターから紡ぎ出される音色が幻想的。




Copyright(C) 2017 UPF All Rights Reserved.